CS+用RL78 デバイス依存情報

ルネサス統合開発環境「CubeSuite+」は、2014年10⽉1⽇リリースのV3.00.00より、製品名を「CS+」に変更いたしました。

V6.01.00→ V7.00.00への変更点 (2018/7/20)

1. サポートデバイスの追加
- RL78/F1Eグループの下記対象デバイス
 [対象デバイス]
   R5F11KLE, R5F11LLG
 
2. デバイス情報の修正
- RL78/G11グループの下記対象デバイス
 [対象デバイス]
   表1参照

 [改定内容]
    (1) 下記のレジスタを削除しました。
          POM2 (アドレス:F0052h)
    (2) 下記のレジスタを削除しました。
          POM4 (アドレス:F0054h)
    (3) 下記のレジスタを削除しました。
          PIM4 (アドレス:F0044h)
    (4) 下記のレジスタを削除しました。
          PIM5(アドレス:F0045h)
    (5) 下記のレジスタを削除しました。
          IICA0 (アドレス:FFF50h)
          SVA0 (アドレス:F0234h)
          IICCTL00 (アドレス: F0230h)
          IICS0 (アドレス: FFF51h)
          IICF0 (アドレス: FFF52h)
          IICCTL01 (アドレス: F0231h)
          IICWL0 (アドレス: F0232h)
          IICWH0 (アドレス: F0233h)
          IICA0EN (アドレス:F00F0h Bit4)
          IICA0RES (アドレス:F00F1h Bit4)
    
表1 対象デバイスと改版内容対応表
 対象デバイス
修正内容
Pin数
(1)
(2)
(3)
(4)
(5)
 R5F1051A
10
 R5F1054A
16
 R5F1056A
20
 R5F1057A
24
 R5F1058A
25
○:改版対象

- RL78/G14グループの下記対象デバイス
 [対象デバイス]
   表2参照

 [改定内容]
    (1) 下記のレジスタを削除しました。
          SSIE00 (アドレス:F0073h Bit7)
          TEMPCAL0 (アドレス:F00ACh)
          TEMPCAL1 (アドレス:F00ADh)
          TEMPCAL2 (アドレス:F00AEh)
          TEMPCAL3 (アドレス:F00AFh)
          RMC (アドレス:F00F4h)
          WDVOL (アドレス:F00F4h Bit7)
          TRGGRCM (アドレス:F025Ch)
          TRGGRDM (アドレス:F025Eh)
          TRDGRC0M (アドレス:F027Ch)
          TRDGRC1M (アドレス:F028Ch)
          TRDGRD0M (アドレス:F027Eh)
          TRDGRD1M (アドレス:F028Eh)
          SDIV (アドレス:FFFA4h Bit3)
          SROIF (アドレス:FFFE0h Bit0)
          SROMK (アドレス:FFFE4h Bit0)
          SROPR0 (アドレス:FFFE8h Bit0)
          SROPR1 (アドレス:FFFECh Bit0)
    (2) 下記のレジスタを削除しました。
          SIO10 (アドレス:FFF44h)
    (3) 下記のレジスタを削除しました。
          SIO01 (アドレス:FFF12h) 
    (4) 下記のレジスタを削除しました。
          XTSTOP (アドレス:FFFA1h Bit6)
          CSS (アドレス:FFFA4h Bit6)
          CLS (アドレス:FFFA4h Bit7)
    (5) 下記のレジスタを削除しました。
          SIO21 (アドレス:FFF4Ah)
    (6) 下記の割り込みを削除しました。
          INTSRO (アドレス:0004h)
    (7) 下記のレジスタを追加しました。
          ELSELR24 (アドレス:F0318h)
          ELSELR25 (アドレス:F0319h)
    (8) 下記のレジスタを削除しました。
          ELSELR06 (アドレス:F0306h) 
    (9) 下記のレジスタを削除しました。
          ELSELR20 (アドレス:F0314h)
          ELSELR21 (アドレス:F0315h)
          ELSELR22 (アドレス:F0316h)
          ELSELR23 (アドレス:F0317h)
    
表2 対象デバイスと改版内容対応表
 対象デバイス
修正内容
Pin数
(1)
(2)
(3)
(4)
(5)
(6)
(7)
(8)
(9)
 R5F104Ax
○注4
30
 R5F104Bx
○注4
32
 R5F104Cx
○注4
36
 R5F104Ex
○注5
40
 R5F104Fx
○注6
44
 R5F104Gx
○注1
○注6
48
 R5F104Jx
○注2
○注5
52
 R5F104Lx
○注3
○注6
64
 R5F104Mx
80
 R5F104Px
100
○:改版対象
 注1:コード・フラッシュ・メモリ・サイズが384 KB,512 KBの製品のみ。
 注2:コード・フラッシュ・メモリ・サイズが256 KBの製品のみ。
 注3:コード・フラッシュ・メモリ・サイズが96KB,512 KBの製品のみ。
 注4:コード・フラッシュ・メモリ・サイズが96KB,128 KBの製品のみ。
 注5:コード・フラッシュ・メモリ・サイズが96KB,128 KB,192 KBの製品のみ。
 注6:コード・フラッシュ・メモリ・サイズが96KB,128 KB,192 KB,256 KBの製品のみ。

V6.00.00→ V6.01.00への変更点 (2018/1/22)

1. サポートデバイスの追加
- RL78/G11グループの下記対象デバイス
 [対象デバイス]
   R5F1051A, R5F1054A

2. SFR情報の修正
- RL78/I1Cグループの下記対象デバイス
   [対象デバイス]
    R5F10NLE, R5F10NLG, R5F10NME, R5F10NMG
    R5F10NMJ, R5F10NPG, R5F10NPJ

   [改定内容]
    (1) 下記のレジスタを追加しました。
          MULBL (アドレス:FFF3Ch)
          MULBH (アドレス:FFF3Eh) 
          MUL32UL (アドレス:F0280h)
          MUL32UH (アドレス:F0282h) 
          MUL32SL (アドレス:F0284h) 
          MUL32SH (アドレス:F0286h) 
          MAC32UL (アドレス:F0288h) 
          MAC32UH (アドレス:F028Ah) 
          MAC32SL (アドレス:F028Ch) 
          MAC32SH (アドレス:F028Eh) 
          MULR0 (アドレス:F0290h) 
          MULR1 (アドレス:F0292h) 
          MULR2 (アドレス:F0294h) 
          MULR3 (アドレス:F0296h) 
          MULC (アドレス:F029Ah)

    (2) 下記のビットレジスタを追加しました。
          MULST (アドレス:F029Ah Bit0) 
          MACSF (アドレス:F029Ah Bit1) 
          MACOF (アドレス:F029Ah Bit2)
          MULFRAC (アドレス:F029Ah Bit4)
          MULSM (アドレス:F029Ah Bit6) 
          MACMODE (アドレス:F029Ah Bit7)

- RL78/G1Dグループの下記対象デバイス
   [対象デバイス]
    R5F11AGG, R5F11AGH, R5F11AGJ

   [改定内容]
    (1) 下記レジスタのアクセス属性をRead only=>Read/Writeへ変更しました。
          P2 (アドレス:FFF02h Bit7,6,5,4) 
          P4 (アドレス:FFF04h Bit7,6,5,4)
          P5 (アドレス:FFF05h Bit7,6)
          P6 (アドレス:FFF06h Bit5,4,3,2) 
          P14 (アドレス:FFF0Eh Bit7,6,5,4)
          PM2 (アドレス:FFF22h Bit7,6,5,4)
          PM4 (アドレス:FFF24h Bit7,6,5,4)
          PM5 (アドレス:FFF25h Bit7,6)
          PM6 (アドレス:FFF26h Bit7,6,5,4)
          PM14 (アドレス:FFF2Bh Bit5,4,3,2)

    (2) 下記のレジスタを追加しました。
          P8(アドレス:FFF08h)
          P10(アドレス:FFF0Ah) 
          P11(アドレス:FFF0Bh) 
          P15(アドレス:FFF0Fh) 
          PM8(アドレス:FFF28h)
          PM10(アドレス:FFF2Ah)
          PM11(アドレス:FFF2Bh)
          PM15(アドレス:FFF2Fh) 

    (3) 下記のレジスタを削除しました。
          KRM(アドレス:FFF37h)
          MULA(アドレス:FFFF0h)
          MULB(アドレス:FFFF2h)
          MUL0H(アドレス:FFFh4)
          MUL0L(アドレス:FFFF6h)
          TEMPCAL0(アドレス:F00ACh)
          TEMPCAL1(アドレス:F00ADh)
          TEMPCAL2(アドレス:F00AEh)
          TEMPCAL3(アドレス:F00AFh)
          RMC(アドレス:F00F4h)

    (4) 下記のビットレジスタを削除しました。
          WDVOL(アドレス:F00F4h Bit7)

    (5) 下記のレジスタ名を変更しました。
          変更前:FRA2H
          変更後:DRA2H 

V5.00.00→ V6.00.00への変更点 (2017/7/20)

1. SFR情報の修正
- RL78/G11グループの下記対象デバイス
 [対象デバイス]
    R5F1056A, R5F1057A, R5F1058A

 [改定内容]
   下記のビットレジスタを追加しました。
          TKBRDT0 (アドレス:F0412h Bit0)

- RL78/L1Cグループの下記対象デバイス
 [対象デバイス]
    R5F110ME, R5F110MF, R5F110MG, R5F110MH
    R5F110MJ, R5F110PE, R5F110PF, R5F110PG
    R5F110PH, R5F110PJ, R5F111ME, R5F111MF
    R5F111MG, R5F111MH, R5F111MJ, R5F111PE
    R5F111PF, R5F111PG, R5F111PH, R5F111PJ
    R5F110NE, R5F111NE, R5F110NF, R5F111NF
    R5F110NG, R5F111NG, R5F110NH, R5F111NH
    R5F110NJ, R5F111NJ

 [改定内容]
   (1)下記のレジスタを削除しました。
          GAIDIS (アドレス:F007Ch)

   (2)下記のビットレジスタを削除しました。
          TKBPAHTS10 (アドレス:F0274h Bit0)
          TKBPAHTS20 (アドレス:F02B4h Bit0)
          TKBPAHTS00 (アドレス:F0534h Bit0)
          TKBPAHTS11 (アドレス:F0274h Bit1)
          TKBPAHTS21 (アドレス:F02B4h Bit1)
          TKBPAHTS01 (アドレス:F0534h Bit1)
          TKBPAHTT10 (アドレス:F0275h Bit0)
          TKBPAHTT20 (アドレス:F02B5h Bit0)
          TKBPAHTT00 (アドレス:F0535h Bit0)
          TKBPAHTT11 (アドレス:F0275h Bit1)
          TKBPAHTT21 (アドレス:F02B5h Bit1)
          TKBPAHTT01 (アドレス:F0535h Bit1)
          SDIV (アドレス:FFFA4h Bit3)

- RL78/L1Aグループの下記対象デバイス
 [対象デバイス]
   R5F11MMD, R5F11MME, R5F11MMF, R5F11MPE
    R5F11MPF, R5F11MPG

 [改定内容]
   下記のレジスタを削除しました。
          GAIDIS (アドレス:F007Ch)

V4.00.02→ V5.00.00への変更点 (2017/1/20)

1. SFR情報の修正
- RL78/G10グループの下記対象デバイス
 [対象デバイス]
   R5F10Y44ASP, R5F10Y46ASP, R5F10Y47ASP

 [改定内容]
   下記のレジスタはビットアクセスが可能になりました。
          EGP0 (アドレス:FFF38h)
          EGN0 (アドレス:FFF39h)
          COMPFIR (アドレス:FFF61h)

 [対象デバイス]
    R5F10Y14ASP, R5F10Y16ASP, R5F10Y17ASP
    R5F10Y44ASP, R5F10Y46ASP, R5F10Y47ASP

 [改定内容]
   BRK命令の割り込みを追加しました。

V4.00.00→ V4.00.02への変更点 (2016/10/5)

1. サポートデバイスの追加
- RL78/L1Aグループの下記対象デバイス
  [対象デバイス]
    R5F11MPG, R5F11MPF, R5F11MPE, R5F11MMF, R5F11MME, R5F11MMD

- RL78/G11グループの下記対象デバイス
 [対象デバイス]
   R5F1058A, R5F1057A, R5F1056A

2.デバッグ情報の修正
- RL78/G1Fグループ
 [改定内容]
   デバッガが使用するデバイス識別情報とフラッシュ書き換え可能電圧情報を修正しました。
    

V3.00.05→ V4.00.00への変更点 (2016/4/20)

1. 端子配置情報の追加
- RL78/F15グループ
    

V3.00.04→ V3.00.05への変更点 (2016/1/20)

1. サポートデバイスの追加
- RL78/G1Hグループの下記対象デバイス
 [対象デバイス]
   R5F11FLL, R5F11FLK, R5F11FLJ
 
2. SFR情報の修正
- RL78/G1Cグループの下記対象デバイス
 [対象デバイス]
   R5F10JBC, R5F10KBC, R5F10JGC, R5F10KGC

 [改定内容]
   下記のビットレジスタを追加しました。
          DSCON (アドレス:F02E5h Bit0)
          DSCM (アドレス:F02E5h Bit1) 
          DSFRDIV (アドレス:F02E5h Bit2)
          CKSELR (アドレス:F02E6h Bit0)
          RDIV0 (アドレス:F02E6h Bit1)
          RDIV1 (アドレス:F02E6h Bit2)

- RL78/L1Cグループの下記対象デバイス
 [対象デバイス]
   R5F110ME, R5F110MF, R5F110MG, R5F110MH,
   R5F110MJ, R5F110PE, R5F110PF, R5F110PG,
   R5F110PH, R5F110PJ, R5F110NE, R5F110NF,
   R5F110NG, R5F110NH, R5F110NJ

 [改定内容]
   下記のビットレジスタを追加しました。
          DSCON (アドレス:F02E5h Bit0)
          DSCM (アドレス:F02E5h Bit1)
          DSFRDIV (アドレス:F02E5h Bit2)
          CKSELR (アドレス:F02E6h Bit0)
          RDIV0 (アドレス:F02E6h Bit1)
          RDIV1 (アドレス:F02E6h Bit2)

- RL78/G10グループの下記対象デバイス
 [対象デバイス]
   表1参照

 [改定内容]
    (1) レジスタの値を表示するように修正しました。
          SDR00L (アドレス:FFF10h)
          TXD0 (アドレス:FFF10h)
          SIO00 (アドレス:FFF10h)
          SDR01L (アドレス:FFF12h)
          RXD0 (アドレス:FFF12h)

    (2) レジスタの値を表示するように修正しました。
          SIO01 (アドレス:FFF12h)
          IICS0 (アドレス:FFF51h)
    
表1 対象デバイスと改版内容対応表
 対象デバイス
修正内容
Pin数
(1)
(2)
 R5F10Y14
10
 R5F10Y16
10
 R5F10Y17
10
 R5F10Y44
16
 R5F10Y46
16
 R5F10Y47
16
○:改版対象

V3.00.03→ V3.00.04への変更点 (2015/10/20)

1. スタートアップルーチンの修正(CS+ for CC)
  ミラー領域がないマイコンのスタートアップルーチンを修正しました。
  なお、デバイス依存情報ファイルに変更はありません。
    

V3.00.02→ V3.00.03への変更点 (2015/9/7)

1. SFR情報の追加と修正
- RL78/I1Dグループ
 [対象デバイス]
   表1参照

 [改定内容]
    (1) レジスタを追加しました。
          P13 (アドレス:FFF0Dh)

    (2) FLMODE (アドレス:F00AAh) ビット6のビットレジスタ名を変更しました。
          変更前:MODE2
          変更後:MODE0

    (3) ビットレジスタを追加しました。
          PORF (アドレス:F00F9h Bit0) 
    
表1 対象デバイスと改版内容対応表
 対象デバイス
修正内容
Pin数
(1)
(2)
(3)
 R5F11768
20
 R5F1176A
20
 R5F11778
24
 R5F1177A
24
 R5F117A8
30
 R5F117AA
30
 R5F117AC
30
 R5F117BA
32
 R5F117BC
32
 R5F117GA
 
48
 R5F117GC
 
48
○:改版対象

V3.00.01→ V3.00.02への変更点 (2015/4/20)

1. サポートデバイスの削除
- RL78/G14グループの下記対象デバイス
 [対象デバイス]
   R5F104JK, R5F104JL
    

V3.00.00→ V3.00.01への変更点 (2014/12/5)

1. 端子配置情報の修正
- RL78/F13グループ
- RL78/F14グループ

2.デバッグ情報の修正
- RL78/G1Gグループ
 [改定内容]
   デバッガが使用する周波数情報を修正しました。
    

V1.00.18→ V3.00.00への変更点 (2014/10/1)

1. モジュールの分割
  RL78,78Kデバイス依存情報をRL78デバイス依存情報と78Kデバイス依存情報に分割しました。

2. サポートデバイスの追加
- RL78/G1Gグループの下記対象デバイス
  [対象デバイス]
    R5F11EFA, R5F11EBA, R5F11EAA, R5F11EF8, R5F11EB8, R5F11EA8

3.サポートデバイスの削除
- RL78/I1Aグループの下記対象デバイス
  [対象デバイス]
   R5F107BC

4. SFR情報の追加
- RL78/F13, RL78/F14グループの下記対象デバイス
  [対象デバイス]
   R5F10ALF, R5F10ALG, R5F10BLC, R5F10BLD, R5F10BLE,
   R5F10BLF, R5F10BLG, R5F10PLE, R5F10PLF

 [改定内容]
   PU5レジスタを追加

5.デバッグ情報の修正
- RL78/F13グループ, F14グループ
 [改定内容]
   IECUBEが使用するフェイルセーフブレーク用情報を修正しました。
    

V1.00.18以前の変更点

V1.00.18以前の変更点については、以下をご参照ください。
CubeSuite+用RL78,78K デバイス依存情報