CS+ サポート情報ページ

検討中のお客様へ

CS+ 製品概要

CS+は、ルネサスマイコンのソフトウェア開発に必要な基本ソフトウェアツールを1つのパッケージにまとめエディット、ビルド、デバッグの繰り返しであるソフトウェア開発に対し、「簡単」「快適」「安心」を追及した統合開発環境です。
CS+ 製品ページ

サポートマイコンと対応エミュレータ

RH850ファミリ、V850ファミリ、RXファミリ、RL78ファミリ、78K0Rおよび78K0マイコンをサポートしております。 対応エミュレータはE1,E20,E2,E2 Lite,MINICUBE,MINICUBE2,IECUBEおよびIE850です。


CS+のサポートマイコンとエミュレータの対応概要は以下の通りです。


最終更新日 2018/1/22

  RH850ファミリ V850ファミリ RX600シリーズ
RX700シリーズ
RX100シリーズ
RX200シリーズ
RL78ファミリ 78K0R 78K0
E2エミュレータ -



- -
E2エミュレータ Lite - - - -
E1
E20 ○*1 ○*1 ○*1 ○*1 ○*1 ○*1
MINICUBE - - - - - -
MINICUBE2 - - - -
IECUBE - - -
IE850 - - - - -

*1 : E20エミュレータもご使用になれますが、使用可能な機能はE1相当です。

 

サポートマイコンおよび対応ツール詳細については以下をご確認ください。(随時更新中)

CS+ 対応機能一覧

High-performance Embedded WorkshopからCS+へ置き換えをご検討中のみなさまへ

既存のソースプログラムやワークスペースをCS+環境へ移植することもできます。

詳細はHigh-performance Embedded Workshop→CS+移行ガイドをご参照ください。

 

CS+ 無償評価版について

ご購入前に製品の機能や性能を評価するために無償でご利用いただけます。 一部の機能は使用できませんが、豊富なサンプルプログラム、チュートリアルも同梱されていますので、十分にCS+の性能をすぐに確認できます。 無償評価版の概要およびダウンロードについては以下のページからご確認いただけます。
なお、無償評価版は、CS+ for CC と CS+ for CA,CXがありますので、ご使用になるマイコンのファミリ、コンパイラに対応しているものをダウンロードしてご使用ください。

評価版ソフトウェアツール

 

CS+ 製品版について

CS+の製品版は、CS+本体を含んだ媒体(DVD)、またはライセンス・キーのみ(媒体なし)の形式で提供しています。媒体なしの場合、CS+の無償評価版からライセンス・マネージャを起動し、購入したライセンス・キーを入力することで製品版として使用することができます。
価格等については最寄りのルネサス営業または特約店にお問い合わせください。
特約店・取扱店一覧

 

CubeSuite(保守製品)をご使用のみなさまへ

CubeSuite(保守製品)のライセンスでCS+ の製品版をご利用できます。 CS+は、新マイコンRL78ファミリの他、CubeSuite(保守製品)でサポートしていたV850、78K0R、78K0マイコンにも従来どおり使用でき、今後も対応マイコンや対応ツールの拡張を計画しています。 なお、今後 CubeSuite(保守製品)自体のバージョンアップはございませんので、CS+への移行をお願いします。

 


はじめて使用されるお客様へ

操作方法を知りたい

CS+のチュートリアルをご活用ください。CS+同梱の各ツールの使い方を示したチュートリアルではオンチップデバッギングエミュレータとターゲット・ボードを用いた例でわかりやすく説明されており、初めてのお客様でも短時間に使い方を習得できます。
CS+ for CC や CS+ for CA,CX を起動しメニュー[ヘルプ→チュートリアル]を選択してヘルプウィンドウを表示し、左のツリーから基本操作や解析機能を選択すると、開始できます。

CS+ for CC と CS+ for CA,CX

CS+の中には、 対応するコンパイラによってCS+ for CC と CS+ for CA,CXの2つ があります。
Windowsスタートメニューも、この2つになっていますので、ご使用になられるコンパイラによって使い分けてください。

CS+

ご購入いただいたコンパイラ製品に同梱されている媒体(DVD)には、CS+( CS+ for CC と CS+ for CA,CX 両方含む)が入っていますが、
無償評価版は、CS+ for CC と CS+ for CA,CX に分かれていますので、ご注意ください。
なお、CS+、CS+ for CC、CS+ for CA,CXのそれぞれにバージョン番号があります。

補足:上記バージョン数字は例です。

マニュアルについて

CS+にはマイコン共通、およびマイコン個別のマニュアルがあり、テーマ毎に分冊した構造となっております。
CS+ マニュアルダウンロードページ


CS+ for CC のマニュアル

CS+forCCのマニュアル

 

各マニュアルの記載概要は以下のようになっております。


マニュアル名 概要
インストーラ編 インストーラについて説明しています。
プロジェクト操作編 CS+の全体概要について説明しています。CS+ の起動からプロジェクトの作成までの操作を説明しています。
アップデータ編 CS+のライセンスを管理する方法とインストールしたツールやヘルプを最新バージョンに更新する方法について説明しています。
コード生成ツール 周辺機能操作編 コード生成ツールの周辺機能の設定機能について説明しています。コード生成ツールは、GUIベースで種情報を設定することにより、マイコンの周辺機能を初期化等をするソース・ファイルを出力します。
コード生成ツール 端子図操作編 コード生成ツールの端子図機能について説明しています。
端子配置編 コード生成ツールの端子配置機能について説明しています。
コード生成ツール APIリファレンス編 コード生成ツールが出力するファイルおよびAPI関数について説明しています。
コンパイラ コンパイラの機能について説明しています。また、コンパイラが出力するメッセージの説明をしています。
エディタ編 エディタ機能について説明しています。
ビルドツール操作編 ビルドツールについて説明しています。ビルドツールは,CS+ が提供しているコンポーネントで構成されており, GUI ベースで各種情報を設定することにより,ソース・ファイルからロード・モジュール・ファイル、ヘキサ・ファイル、ライブラリ・ ファイルのいずれかを、目的に応じて生成することができます。
デバッグツール編 デバッグツールの接続設定や実行制御について説明しています。また、接続しているデバッグ・ツールを使用して、 プログラムのデバッグを行う場合の情報を提供しています。
解析ツール編 解析ツールについて説明しています。解析ツールは、ソース・プログラム、およびプログラム実行時の情報を解析し、 関数/変数情報を提供します。
Pythonコンソール編 Pythonコンソールの使用方法、ならびにCS+向けに機能拡張した関数、プロパティ、クラス、イベントについて説明しています。Pythonコンソールは、スクリプト言語であるIronPython(.NET Framework上で動作するPython)を使用して、CS+を制御することができます。
メッセージ編 CS+が出力するメッセージを説明しています。

CS+ for CA,CX のマニュアル

CS+forCACXのマニュアル


各マニュアルの記載概要は以下のようになっております。

 

マニュアル名 概要
起動編 CS+ の全体概要について説明しています。また,インストール,アップデート,ライセンスの設定など について説明しています。CS+ の起動からプロジェクトの作成までの動作を説明しています。
設計編 設計ツール(端子配置,およびコード生成)について説明しています。
コーディング編 CS+ に含まれているC コンパイラ,アセンブラなどのコマンドの役割,および機能について説明しています。 C コンパイラ,アセンブラを使用した開発において必要となる情報,および効果的なソース記述のノウハウを提供しています。
ビルド編 ビルド・ツールについて説明しています。ビルド・ツールは,CS+ が提供しているコンポーネントで構成されており, GUI ベースで各種情報を設定することにより,ソース・ファイルからロード・モジュール・ファイル,ヘキサ・ファイル,ライブラリ・ ファイルのいずれかを,目的に応じて生成することができます。
デバッグ編 デバッグ・ツールの接続設定や実行制御について説明しています。また,接続しているデバッグ・ツールを使用して, プログラムのデバッグを行う場合の情報を提供しています。
解析編 解析ツールについて説明しています。解析ツールは,ソース・プログラム,およびプログラム実行時の情報を解析し, 関数/変数情報を提供します。
メッセージ編 CS+が出力するメッセージ(内部エラー・メッセージ,フェイタル・エラー・メッセージ,アボー ト・エラー・メッセージ,インフォメーション・メッセージ,選択メッセージ,ワーニング・メッセージ)の説明をしています。


使用中のお客様へ

FAQについて

CS+をご使用のお客様向けに、FAQをご用意しております。
CS+のFAQページ

その他のFAQは以下から検索できます。

全てのFAQから検索する

最新情報

ツールニュースで最新情報を案内しています。
ツールユーザー登録をしていただくとメールで最新情報をお知らせします。

 

お問合せ窓口

技術に関するお問合せ

お取引のある特約店経由もしくはウェブからお問合せください。

お問合せの際は以下の情報をご連絡ください。

購入や修理に関するお問合せ

お取引頂いている販売会社・特約店にお問合せください。